logo

残業削減と生産性の向上

2016年11月30日 / 組織開発・人材開発

残業を減らし、生産性を向上させるにはどうすれば良いのか・・・

打ち手の視点としては、5つに整理できるのかもしれません。

 

① 組織としてのメッセージ発信

経営層、および人事部門からメッセージを発信し続けているかどうか

 

② 制度・ルール面の見直し

評価制度や勤務制度、残業申請制度等ルールの見直しをしているかどうか

 

③ 管理職のマネジメント

生産性(=時間あたりの成果)を高めるマネジメントへ改善しているかどうか

 

④ 個人のタイムマネジメント

時間の使い方を、可視化・向上させているかどうか

 

⑤ 効率化の業務改善

業務量を可視化し、効率化のための業務改善を行っているかどうか

 

さらに重要なことは、上記の打ち手を「継続的に、PDCAを回す」ことだと思います。

各視点のもう少し詳しい内容について、次回以降、書こうと思います。

時間の使い方を高める

2016年10月3日 / 組織開発・人材開発

仕事中の「時間の使い方」をどう高めるか。

時間の使い方がうまくない方は、スケジュールの立て方に問題があるのかもしれません。

 

「あれこれ手を付けてしまい、本来やりたかったことに時間が取れなくなる・・・」

⇒ 優先順位に問題がある

 

ToDoリストに優先順位を付けていても、

慣れている仕事 / 短時間でできそうな仕事 / 楽な仕事

から、手を付けてしまう傾向が人にはあります。

 

朝一に、優先順位の高いこと(=大事なこと)から手を付ける習慣をつくる。

これだけでも、時間の使い方が変わります。

 

「○○の資料、思っていたより時間がかかったな・・・」

⇒ 計画する時間に問題がある

 

時間の見込み違いから起きる問題です。

実際にかかった時間を振り返り、今後計画する際は改善していく必要があります。

 

改善方法の1つとして、想定した2倍の時間を見積り、計画すると良いでしょう。

早く終わるようなら、1.5倍にするなど調整していきます。

 

 

● 朝一に、大事なことから手を付ける

● 計画時間は2倍で見積る

時間に追われる立場から、少し解放されるかもしれません。

使命感を見出す力

2016年5月27日 / 組織開発・人材開発

先日、東京藝術大学の特別企画展で、復元された壁画を拝観しました。

それはアフガニスタンにあった古い壁画の復元で、風神の絵が描かれていました。

風神という神は、そこからシルクロードを渡って伝来し、

やがて日本の風神雷神とつながると、そのときお聴きしました。

 

そのことを知ったとき、神秘的という思いとともに、

風神を伝来していった人々の使命感を感じました。

使命感があったからこそ、

文化や言語の違う異国においても伝来し続けたのだと思います。

これは、現在の多様化する社会のリーダーシップでも必要なことだと思います。

 

多様化する社会でリーダーシップを発揮するために、

共通言語(英語)を身につけるということも良いでしょう。

しかし、根幹に必要なのは、使命感を持っているということではないでしょうか。

それがあるから、周囲に影響を与え、協力や貢献を生むのだと思います。

 

組織で働くということは、様々な職務や役割を経験していくことになります。

“どんな職務や役割であっても使命感を見出し、影響力を発揮することができる”

その使命感を見出す力こそが、次世代のリーダーに必要なのかもしれません。

商いは飽きない

2016年4月7日 / 組織開発・人材開発

4月から弊社も新しい期が始まりました。

今期も生産性向上の支援をしてまいります。

 

近年、ビジネスは変化が激しいとよく感じます。

お客さまの変化、他社の変化…最近は特に、変化のスピードが速いと感じます。

 

変化によって、今までのやり方(利益創出のパターン)が通用しなくなることがあります。

訪れている変化、もしくは想定される変化に対応するために、

組織として変えなければならないと感じている方もいるかと思います。

 

変わるために必要なのは、

「アンラーニング(Unlearning、学習棄却)」であるといわれています。

アンラーニングとは、時代に合わなくなった知識を捨て、新たな知識を構築することです。

つまり、慣れ親しんだやり方や考え方を変え、新しいやり方を構築(=変革)することです。

 

でも、「慣れ親しんだやり方をなかなか捨てられない」ということも、よく聞きます。

生産性が低下するかもしれない、売上が低下するかもしれない、

モチベーションが低下するかもしれない、

というリスクがある中での決断は大変勇気がいることでしょう。

しかし、アンラーニングの決断をするからこそ、新しいやり方が生まれます。

そのことが事業を飽きさせないのかもしれません。

 

 

変化があるから変革しなければならない。

変革するから事業は飽きない。

飽きない、商いを!

貪瞋癡(とんじんち)

2016年1月14日 / その他

仕事始めに初詣へ行った際、「三毒(さんどく)」という説法を聞きました。

—————————————————

人間には「煩悩(ぼんのう=心の迷い)」があり、

百八煩悩というくらい、さまざまな心の迷いがある。

なかでも、最も人の心を毒す煩悩を三毒という。

「貪(とん)」、「瞋(じん)」、「癡(ち)」の三つだという。

●貪(とん)は「貪欲」、貪りの心。自分の欲するものに執着して貪る心。

●瞋(じん)は「瞋恚(しんに)」、怒りの心。自分の心と違うものを怒る心。

●癡(ち)は「愚癡(ぐち)」、愚かな心。道理に迷う愚かな心、本能的に動くこと。

—————————————————

ということでした。

 

自分なりに三毒を、

・貪(とん):執着しすぎない。

・瞋(じん):すぐ怒らない。

・癡(ち):愚痴を言わない。

と置き換えて、心に留めることにしました。

 

この三毒が少しでもサルように・・・

「とんじんち」を合言葉にしようと思います。

 

 

ところで、今年の干支の丙申(ひのえさる)。

丙申は、「物事が明らかになる、実が熟して固くなっていくことを示す」らしいです。

お客さま、自社ともに、物事が良い方向へ明らかになる年でありますように。

締め切りは自分で作る

2015年12月16日 / 組織開発・人材開発

・1~2時間を目安に提案書を作りはじめたが、作ってみるとあれこれ凝ってしまった。

 結局、半日かかってしまった。
・期限に余裕があるプロジェクトのとき、いろいろ考え、調べることがどんどん増えてしまった。

 結局、期限ぎりぎりになってしまった。
・暇な人に仕事を頼んだら、空いている時間をすべてかけていた。結局、仕上がりが遅くなった。
皆さんはこういった経験がありませんか。

 

「完成のために与えられた時間をすべて満たすまで、仕事の量は膨張する」

(第一法則C. N. Parkinson)

 

パーキンソンの法則というのがあります。
これは、

本来早く終わるような資料作りなどでも、ぎりぎりまで時間を使ってしまうという法則

です。
与えられた締め切りに余裕があるときなど、この傾向は多いようです。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。
与えられた締め切りではなく、「自分で締め切りを作り、そこまでに完成させる」。
それが、この傾向を防ぐポイントになると思います。

 

シンプルですが、意識しないとできないことですね。

業務改善が進まない要因

2015年11月18日 / 組織開発・人材開発

業務改善は、思うように進まないことがあります。

お手伝いをしていて、感じることをいくつか記載します。

 

◆何のための改善か、分からなくなる

業務改善はリスクマネジメントのため? 効率化のため? 品質向上のため?

目的が不明確だと意見の視点が異なり、改善策がまとまらない場合があります。

また、話し合っている内に目的がぶれてしまい、意見の収拾がつかなくなることもあります。

 

『上司は、改善の目的を明確にし、ぶれないようにする』ことが大事だと思います。

 

 

◆業務が減らない

改善案には、順番を変える、定型化する、方法を変える、業務を削る、など様々あります。

そのなかで、「業務を削る」という案を出すことは、担当者にしてみると難しいことです。

やり方が変わる、社内外のお客さまに迷惑がかかる、などの不安や懸念があるからだと思います。

 

『上司は、その業務を削れないか、積極的に意見する』ことが大事だと思います。

業務を削るのは、上司の仕事だと思うくらいの意識があると良いのかもしれません。

(もちろん、その業務内容を把握したうえでのことですが)

 

 

◆改善策が実現しない

策は出たが、先伸ばし。日常業務が忙しく、なかなか業務改善に取り組めない。

改善後も、改善前のままで仕事をしている人がいる。

 

『上司は、取り組み姿勢(=本気度)を見せる』ことが大事だと思います。

全員が集まっている場で上司からしっかりと説明する。(本気度を示す)

いつまでに、誰が、どのように改善していくのかを決める。(PDCAを回す)

などの働きかけがあると良いと思います。

 

 

業務改善は上司の関与がとても重要であると感じます。

業務と技能の見える化

2015年10月22日 / 組織開発・人材開発

先日、

非製造部門のための「職場の生産性を、どう見えるかたちにしていくか」

という生産性向上の講演をさせていただきました。

 

予想を上回る人数のご参加でした。

やはり“生産性向上”について、関心が高いということを感じました。

 

セミナーの様子

 

生産性には様々な定義がありますが、労働生産性としては、

● 生産性 = 成果 ÷ 労働時間

と捉えることができます。

 

上記の定義からみますと、

● 生産性を上げる = 成果を上げるか、時間を短くする

ということが必要です。

 

成果を上げる、時間を短くする方法はいくつかあります。

◎ 業務のやり方を変える

◎ 個々の技術・能力(=技能)を上げる など

ポイントは、業務と技能を見える化することにあります。

 

業務が見えづらい非製造部門こそ、生産性向上の伸びしろがあるのではないでしょうか。

“業務と技能の見える化”により、打つ手が見えます。

そのお手伝いをこれからもしていきたいと思います。

商品の価値

2015年8月31日 / 営業強化

先日、お客さまとある商品の話をしていたときです。

その商品をまったく知らないその方から、「○○にも活かせそう」と今まで思いもつかなかった視点・価値を教えていただきました。

その商品はよく知っていて、どのようなニーズに合うのかも知っていたつもりでした。

むしろ知っているからこそ、商品価値の範囲を決めてしまっていたのかもしれません・・・

 

 

いくつかの商品を持っていて、お客さまのニーズに合わせて提案する。

そういった営業活動の場合、陥ってしまうことがあります

それは、いつの間にか、その商品の価値を決めつけてしまうことです。

 

この商品は、○○といったニーズのお客さん、この商品は、△△といったニーズのお客さん、といった具合です。

このような商品価値の決めつけは、その商品の提案範囲を狭めてしまうことに繋がります。

そして、売上が上がらないのは、しばらく新商品が出ていないから。といった思考にも陥ってしまうかもしれません。

 

マーケティング学者であるフィリップ・コトラーは、

商品を「消費者の問題を解決する『便益の束』」と表現しています。

商品には様々な便益、つまり価値があり、消費者はその価値を購入しているといえます

 

世の中は絶えず変化しています。

消費者にとって新たな価値ができているかもしれません。

また、まだ消費者が気づいていない価値もあるかもしれません。

そして、新たな価値の提案が、新たな需要を引き起こすかもしれません

 

商品の価値=便益は、束ほどあるはず・・・

扱っている商品の便益は、束になっていますか?

ナレッジ・マネジメントの効果を高めるには

2015年7月29日 / 組織開発・人材開発

経済産業省が7月に中小企業の成長戦略として「3つの見える化」を打ち出しました。

①成功の秘訣の見える化、②ビジネスチャンスの見える化、③支援体制の見える化、という3つです。

 

そのなかで、①成功の秘訣の見える化として、「ミエルヒント」というサイトを開設したとのことです。

このサイトでは、企業が事業展開を考えるときの課題ごとに、実際の企業の解決事例を見ることができます。

 

解決事例は、A4サイズ1枚くらいにまとめられ、要点が整理されています。

また、課題ごとに検索しやすくなっています。

課題に応じた解決例を見ることができる、ナレッジの共有サイトともいえます。

 

以前、“用語を定義する”で記載しましたが、

ナレッジ・マネジメントをするためには、「ナレッジを共有し、活用できるようにする工程」が必要になります。

「ミエルヒント」は、そのことを実際に行っているサイトだと思いました。

 

言い換えますと、ナレッジ・マネジメントの効果を高めるには、「ナレッジをただ集めるだけではなく、ある基準で整理し、見る人が活用しやすいようにする」ことが重要ということです。

 

とはいえ、重要なのはそれだけではなく、

● 鮮度が良い(更新されている)

● 継続している(見やすいようにまとめ続けている)

ことも大切なのは言うまでもありません。

「ミエルヒント」の今後に注目です。